2016.07.21

【木村和久連載】ゴルファー憧れの舞台も
「名門コースはつらいよ」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第64回

 ゴルファー憧れの”名門コース”ですが、外から見ているのと、中から見たのでは、だいぶ実情が違います。名門ゴルフ倶楽部って、そんなところだったの? というお話をしたいと思いますので、今後の入会の参考にでもしてください。

(1)名門は歩きのラウンドが多い
 1000万円以上ものお金を出して、晴れて名門コースの会員になったのはいいが、なんと歩きのラウンドで「当コースにはプレーヤーの乗用カートは置いていません」だと。マジですか!?

 こんな名門倶楽部、実は多いです。

 何でこうなったかというと、名門=ブリティッシュ志向なんです。英国のゴルフは、歩きが基本。名門は歴史が古く、英国の影響を色濃く受けています。

 そもそも乗用カートは、アメリカ人が流行らせたもの。日本は英米の両方から影響を受けて、名門コースは英国派、庶民はアメリカンって感じでしょうか。

 名門コースは年寄りが多いのに歩いてラウンドって、なんか矛盾している気がするんですけどねぇ……。

(2)名門は服装にうるさすぎ
 知り合いのシングルプレーヤーでお金持ちがいるのですが、その人がプレーするのは、庶民的なコースばっかりです。それでこちらが、「お金があるんだから、名門コースに入れば」と言うや、その人は「あ~いうところは、うるさいから嫌」ときっぱり。