2016.07.09

【内藤雄士ゴルフレッスン】体幹を使って、無駄のない正しいスイングを

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

●不安定な足元でスイングして、体幹を鍛える

レベレージディスクに乗ってアドレスを作る白石さん。足元が不安定なのでこの時点で腹筋や背筋に力が入る。体幹を使えるアドレスを作ることが重要。レベレージディスクはゴルフ用品店で手に入る。なければ、クッションで代用してもいい。

   (トップ)体や頭が右側に流れることなくクラブを上げ、しっかり右サイドで体重を受け止めることができている。肩がきっちり捻転していることがポイント。

  

(インパクト)ダウンスイングでは頭が突っ込まずにしっかり地面に力を加えることができている。体幹が安定すれば、ヘッドは自然に走るようになる。