2016.05.14

【内藤雄士ゴルフレッスン】軌道を安定させるコツは右肘にあり!

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

●正しい始動の仕方

アドレスの段階で右肘が体の方を向くように構えるのがポイント。構えが間違っているとスムーズな始動はできない。
 
ビギナーにありがちなのが右肘が外を向くこと。ボールに当てる意識が強かったり、右手で強く叩く意識があると肘は外を向きやすくなる。
 


右手1本でクラブを上げると余計な力を入れられないので、適正な位置にクラブが上がってくれる。
 

力を入れるとクラブの挙動はバラバラになりやすい。理想的な動きをするには、正しい構えと余計な力みを取る必要がある。
 

初心者はふつうにスイングして感覚をつかむのは難しいもの。まずは直立した状態で胸の前でクラブを持ち横に回転。立った状態で胸を回す感覚を覚えよう。