2015.05.26

コウ・ウスンが語る「女子ツアー、韓国人選手が強い理由」

  • 古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

●賞金女王の行方、そして注目の日本人選手

 ちょっと早いけど、今年の賞金女王争いはどうでしょう。私は、今の調子で行けばイ・ボミが70%獲るかなと思います。申 ジエも日本の賞金女王を今年は狙っているでしょうね。アンちゃんも結婚してラブラブモードですが、これから力を出してくるでしょう。このビッグ3に日本人の中で誰が絡んでくるかが、見どころです。

 去年のツアーが終わった時点では、私は
香妻琴乃
に期待していたんですよ。あの子はパターとアプローチが半端じゃなく上手いです。特にパッティングのストロークはいい。それに体は小さいけど、性格が強気で根性がある。ああいう子は強いです。上手いだけじゃ勝てない。あの子が去年のようなパッテッィングストロークが出来れば、後半はイ・ボミを脅(おびや)かすゴルファーになると思いますよ。

 成田美寿々もいい体格をしているし、ショットも飛ぶし全体的にはいいんだけど、パッティングがダメですね。パッティングだけちょっと私が教えたいなって思うくらい(笑)。それがよくなれば毎週、優勝争いをしてきますよ。

 菊地絵理香もいい体をしています、お尻と足と、最高ですよ。イ・ボミみたいに下半身が安定していますよね。この子はやっと優勝(4月17日~19日・KKT杯バンテリンレディスオープン)しました。性格的に根性があるけど、少し優しすぎるかなぁ。もっと強気になってくれば。今年はもっと成長していいと思いますね。

 藤田光里は2013年にQTで一番になったけど、その時は、たまたまかなと思ったんですよ。華奢だし、かわいいいから(笑)。でも、この前フジサンケイレディスクラシック(4月24日~26日・川奈ホテルゴルフコース 富士コース)で勝った時、この子は根性ある、強いなと思いました。最終日18番ホールのエッジからのバーディーパットを入れなければ、6人のプレーオフになることを知っていて打ったんですからね。あれを入れ切るメンタルの強さはすごい。でも今年、もう1回勝たないとダメです。優勝の間が開くとよくない。