2015.04.13

松山英樹のマスターズ5位は、伊澤&片山の4位とココが違う

  • 三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Getty Images

 悔しい5位だった。

「僕の夢(目標)は、マスターズに勝つことですから。それが大き過ぎるほどありますから……。確かに、5位に入れたし、最終日は『66』(のスコア)で追い上げられました。それはうれしいですけど……でも、やっぱり悔しい」

 ラウンド後、松山英樹(23歳)は、そう本音を漏らした。

マスターズで自身最高の5位という結果を残した松山英樹。 ジョージア州オーガスタ(パー72)で開催された今季米ツアーのメジャー第1弾、マスターズ(4月9日~12日)。日本期待の松山は、最終日に6つスコアを伸ばして躍進するも、通算11アンダー、単独5位に終わった。

 過去のマスターズで日本人選手の活躍と言えば、伊澤利光(2001年)や片山晋呉(2009年)の4位がある。ともに10アンダーでの成績だ。松山の順位は5位だったものの、11アンダーと日本人選手最少スコアを記録した。

 正直言って、伊澤や片山のゲーム内容や状況を見たとき、4位とはいえ、ある種の限界を感じた。片山本人も、「(マスターズで)あれだけ最高のゴルフをして、2打差の4位。もう、それ以上は考えられない」と語ったことがある。つまり、マスターズ4位というのは、年齢的なもの、体力的なもの、肉体的なものなど、あらゆることを含めて、片山にしろ、伊澤にしろ、おそらく人生の中で最高のパフォーマンスを発揮しての結果だと思う。

 一方で、今回の松山は違った。ゲーム内容を見ると、まだまだポテンシャルがあるなと感じた。

「もう少しパッティングが決まってくれたら……」

 悔しさばかりを募らせる松山の姿を見る度に、余計にそう思った。