コパ・アメリカで輝きを放った次世代のスター候補たち~大会中に欧州移籍が決まった無名の逸材も

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 南米王者を決めるコパ・アメリカは、準決勝進出の4強が出そろい、残すは3位決定戦も含めて4試合となった。大会はいよいよ佳境を迎え、チャンピオン決定の瞬間まであとわずかである。

 そこで、今大会のここまでの戦いを振り返り、主に10代の選手を中心とした、これからが楽しみな若手選手をピックアップしてみたい。

 まず今大会で最も注目を集めたと言っていい若手は、ブラジルの17歳、今夏からレアル・マドリードでプレーするMFエンドリッキで間違いないだろう。

 ブラジルファンのなかには、早くもエンドリッキの名前入りユニフォームを着た人も見受けられ(そのほとんどが今大会の背番号9ではなく、以前につけていた21だったが)、人気のほどがうかがえた。

 今大会では出場した4試合のうち3試合が途中出場だったが、彼が交代に備えてピッチサイドに姿を現わすだけで、スタジアム内は大きな拍手と歓声に包まれた。選手交代でこれだけスタンドを沸かせた選手は、今大会全体で見ても他にいない。

 ただし、実際のピッチの上でそれだけの期待に応えられたかというと、残念ながら首を横に振らなければならない。ノーゴールという数字だけの話ではなく、PK戦の末に準々決勝で敗退したチーム同様、ほとんど見せ場を作れずに終わったというのが、率直な印象だ。

 対照的に、チームの中心として十分な存在感を示した恐るべき10代が、エクアドルの17歳、MFケンドリー・パエスである。

17歳にしてエクアドル代表の「10番」を背負うケンドリー・パエス photo by Getty Images17歳にしてエクアドル代表の「10番」を背負うケンドリー・パエス photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る すでにワールドカップ南米予選にも出場しているパエスは、17歳にして背番号10を託されるプレーメーカー。キック精度の高いレフティであり、セットプレーのキッカーも任されるなど、攻撃の中心的存在を担う。

 大会初戦のベネズエラ戦、前半途中に退場者が出てひとり少ない状況になって以降は、いかに彼にいい形でボールを持たせるかを、チーム全体が共通認識として持ってプレーしており、彼への信頼度の高さがうかがえた。

 パエスの成長はもちろん、新たな才能を手に入れたエクアドル代表が、これからどれだけ強くなっていくかも楽しみだ。

1 / 2

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る