ユーロ2024フランス対ベルギーの見どころは「ウイング」対決 決勝T1回戦屈指の好カードを制するのは?

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

 7月1日(日本時間2日1時~)に行なわれるユーロ2024決勝トーナメント1回戦の好カード、フランス(グループD2位)対ベルギー(グループE2位)。大会前、イングランドとともにブックメーカー各社から優勝候補の本命に推されていたフランスだが、決勝トーナメントを前にした段階では、スペインに抜かれ、ドイツに並ばれ、3番手タイに人気を下げている。

 グループリーグ3試合は1勝2分けだった。唯一勝利した初戦のオーストリア戦は出来映え的には70点。引き分けたオランダ戦のほうがむしろ若干よくて75点。そして3戦目のポーランド戦は、メンバーを入れ替えたこともあり、65点ぐらいに終わった印象だ。

 ブックメーカーと同様、フランス状態を「イマイチ」と判断することもできる。しかし、全7試合を戦う決勝戦までの道のりを踏まえれば、現段階で調子が上がりきっていないことを好材料と捉えることもできる。判断は難しい。キリアン・エムバペをケガで欠きながら、内容的にやや上回ったオランダ戦を見ればわかるように、大崩れはしそうもない。高い水準で安定したチームと言える。だが、チームに火はついていない。体温は低いままで、高揚感はない。そうした意味で、ベルギーは格好の相手になるかもしれない。

 ベルギーは大会前、イタリアとともにブックメーカー各社から7番人気に推されていた。8強(フランス、イングランド、ドイツ、スペイン、ポルトガル、オランダ、イタリア、ベルギー)のなかで、フランスを最上位とするならば、ベルギーは最下位。グループリーグで消えたカタールW杯の不成績から立ち直っていない。3位に輝いた2018年ロシアW杯時の力はない――と判断されたようだ。

 スロバキア、ルーマニア、ウクライナ。旧東欧圏の3チームと同組になったグループリーグの成績も1勝1分1敗で、結果的にも内容的にも、右肩上がりに転じているようには見えない戦いぶりだった。

 とはいえ、フランス対ベルギーは決勝トーナメントで、8強同士が直接対決をする唯一のカードである。どちらが勝っても今後に勢いがつくと見られる大きな一番だ。

1 / 3

プロフィール

  • 杉山茂樹

    杉山茂樹 (すぎやましげき)

    スポーツライター。静岡県出身。得意分野はサッカーでW杯取材は2022年カタール大会で11回連続。五輪も夏冬併せ9度取材。著書に『ドーハ以後』(文藝春秋)、『4-2-3-1』『バルサ対マンU』(光文社)、『3-4-3』(集英社)、『日本サッカー偏差値52』(じっぴコンパクト新書)、『「負け」に向き合う勇気』(星海社新書)、『監督図鑑』(廣済堂出版)、『36.4%のゴールはサイドから生まれる』(実業之日本社)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る