伊東純也がアシスト1位に並びかける大活躍 中村敬斗はスランプを乗り越え「やっとひと皮むけた気が...」

  • 了戒美子●取材・文 text by Ryokai Yoshiko

 スタッド・ランスがマルセイユを1-0で下して、3月17日以来およそ2カ月、7試合ぶりの勝利を手にした。

 スタッド・ランスは2018-19シーズンにリーグ・アン昇格後、マルセイユ戦とこれまで11回対戦して、今回の勝利で3勝3分5敗。2022年4月以降は4連敗してきただけに、重要な白星となった。

 試合終了のホイッスルがなった瞬間、相手ゴール前に詰めていた伊東純也はその場で脱力したかのように、そのままピッチに座り込んだ。75分に退いていた中村敬斗はダッシュで伊東に駆け寄り、喜びを分かち合う。

伊東純也はスタッド・ランスに欠かせない存在 photo by Watanabe Koji伊東純也はスタッド・ランスに欠かせない存在 photo by Watanabe Kojiこの記事に関連する写真を見る ふたりはピッチ中央に移動して味方と合流するが、90分間走りきったからだろうか、伊東はしばらくの間、嘔吐が止まらないようだった。小雨の降るなか、場内を一周する際には中村が着ていたベンチコートを借り、それを羽織って雨をしのいだ。

 試合後、中村敬斗が取材に応じる後ろを、伊東は笑顔で通りすぎていく。報道陣の呼びかけに「あ、俺、なんか(話さなくて)いいって」と返答した様子が、フランスメディアの記者によって発信されてSNSで拡散されていた。

 この日の伊東には、アシストの記録が一瞬つきかけ、すぐに消えた。33分に右SBアブドゥル・コネの縦パスを、FWウマル・ディアキテが右サイドを走る伊東の前方スペースへ展開。スピードに乗った伊東は、ペナルティエリアの外から右足のダイレクトでクロスを入れる。

 ゴール前に走り込んだのはMFマーシャル・ムネツィ。それに張りつくように背後から相手DFシャンセル・ムベンバと、左から中村が猛スピードで駆け込んだ。最初に喜んだのはムネツィだったが、結局ムベンバによるオウンゴールと確認され、伊東にアシストが記録されることはなかった。

 伊東は今シーズン、ここまで7アシストを記録。リーグ・アンのアシストランキングで2番手につけている。現在のランキング1位は8アシストなので、この日にアシストがついていればトップタイに躍り出たのだが、それは叶わなかった。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る