2022.08.07

久保建英は「バスク式テスト」に合格したのか。プレシーズンの戦いぶりを総括

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Ricardo Larreina/AFLO

 8月5日、2022-23シーズンのリーガ・エスパニョーラ開幕を1週間後に控え、レアル・ソシエダはアスレティック・ビルバオとバスクダービーを戦っている。

 スペインの北にあるバスク自治州は独自の言語、文化を持ち、サッカーでも彼ら固有の流儀がある。衝突でぶっ倒れても、すぐに起き上がれるか。その「屈強さ」がさらに激しいプレーを生み出す。バスク人はスペインの他の地域の人々よりも、身長が高いだけでなく体格が大きい。もともと肉体的ぶつかり合いを土台とし、同時にコンタクトを恐れない闘争心と反骨を求めるのだ。

 この日のダービーも、プレシーズンとは思えないほど苛烈だった。ファウルギリギリの格闘が各所で相次ぎ、他のリーグの試合だったら一触即発の様相を呈していただろう。お互いが空中でぶつかってもんどりうって倒れても、チームのためにポジションを獲る。彼らにとってはそれが"通常運転"で、その激しさをクリアできなかったら、技術など意味がない。

 バスクで最も憎まれるのが、惰弱さなのである。

 先月、レアル・ソシエダに新加入した日本代表の久保建英(21歳)は"バスク式テスト"に合格したか?

アスレティック・ビルバオ戦に先発した久保建英(レアル・ソシエダ)アスレティック・ビルバオ戦に先発した久保建英(レアル・ソシエダ) この記事に関連する写真を見る  久保はプレシーズンマッチで4-4-2の中盤ダイヤモンドのトップ下も担当していたが、この日はイマノル・アルグアシル監督が4-3-3の採用したことで、右サイドアタッカーとして先発出場した。

 2部エイバルとのダブルヘッダーで、ビルバオ戦のほうが主力は多かったが(特に守備陣)、エイバル戦もダビド・シルバ、イサクなど主力組が先発しており、どちらが開幕先発組という分け方はしていなかった。あくまでテストの一環だろう。久保の場合、よりタフなバスクダービーを経験させることが重んじられたのかもしれない。

 試合は立ち上がり、ビルバオの圧力にチームが押し込まれて、なかなかビルドアップができず、久保はボールを受けても孤立していた。相手の左サイドバック、スペイン代表でパリ・サンジェルマンにも所属していたユーリ・ベルチチェの強いマーキングを受け、アンカー、左サイドアタッカーにも三方を囲まれた。ボールキープし、失わないのがせいぜいだった。