2022.06.16

スペイン代表は欧州でもトップのボール支配率で相手を圧倒。カタールW杯で日本代表につけ入る隙はあるか

  • 髙橋智行●文 text by Takahashi Tomoyuki
  • photo by Getty Images

狙いは3大会ぶりの優勝

 カタールW杯のグループリーグで、スペインはドイツ、日本、大陸間プレーオフの勝者のコスタリカと同組になった。

 FIFAランキング7位につけるスペインの目標は優勝にほかならない。2010年南アフリカW杯で初優勝を成し遂げたあと、2014年ブラジルW杯はまさかのグループリーグ敗退、2018年ロシアW杯はラウンド16でホスト国ロシアにPK戦で敗れており、3大会ぶりの世界一を目指すことになる。

スペイン代表、ネーションズリーグ・ポルトガル戦のスターティングメンバースペイン代表、ネーションズリーグ・ポルトガル戦のスターティングメンバー この記事に関連する写真を見る  抽選会の時、結果を受け、ルイス・エンリケ監督は日本について、「難しい相手だとは思うが、我々にはネーションズリーグがあるので、ワールドカップについて話すのはまだ早い」と答えるに留まった。

 一方、スペインメディアはこぞって安堵した様子を見せた。スペイン紙『マルカ』は「ドイツと同じ組に入り、死のグループとなる可能性を懸念したが、日本と大陸間プレーオフのチームという、それほど強くない相手と一緒になったことで不安がかなり軽減された」と2強2弱のグループと判断。

 さらに、「12月18日の決勝に向け、ドイツを避けられる利点がある」と、優勝候補の一角との対戦を序盤で消化できることを喜んでさえいた。

 スペイン紙『アス』も「スペインは抽選会を悪い形でスタートしたが、いい形で終えることができた」とポジティブに捉え、日本をライバル視している感じはなかった。

 日本については遠藤航(シュトゥットガルト)、田中碧(デュッセルドルフ)、守田英正(サンタ・クララ)で形成される中盤を高評価し、警戒すべき選手として伊東純也(ゲンク)と南野拓実(リバプール)の名前を挙げていた。

 スペインでプレーしている久保建英(マジョルカ)については、「数年前からの期待に応えられていない」と近年のパフォーマンスの悪さを指摘。さらに、ファンやメディアの間で森保一監督の存在感が薄いこと、セットプレーでの守備に問題があることなどを伝えた。

 抽選会直後は日本をライバルとして考えていなかった『アス』紙だったが、その後、0-1で惜敗した今月のブラジル戦での戦いぶりを見て評価を改めた。

 ファールの多さを強調しつつも、「強力な守備で1時間以上持ちこたえた」とFIFAランキング1位のチーム相手に善戦したことや優れた組織力を称賛し、「ワールドカップで話題になりそうなチーム」と、サプライズを起こす可能性を示唆した。