2022.06.11

ドイツのイングランド戦のゴールシーン。見事なボジショナルプレーに日本はW杯で対応できるか

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
ハヴァーツがボールを持ったドイツは、次の瞬間どうやって崩したか?

 UEFAネーションズリーグ2022-23、リーグA・グループ3の第2節、ドイツ対イングランドが、ミュンヘンで行なわれた。強豪国同士の注目の一戦は1-1のドローとなった。

 試合は立ち上がりから、ドイツが前線からの高強度のプレスと巧みなポジショニングの攻撃で主導権を握る。イングランドは前半をしのいだものの、ドイツは後半5分にヨナス・ホフマンが決めて、先制に成功する。

 しかし、終盤にドイツのプレス強度が落ちると、押し込み始めたイングランドが43分にPKを獲得。これをハリー・ケインが決めて、1-1の同点で試合終了となった。

 今回は、ドイツのホフマンが決めた先制点のシーンをピックアップする。

 後半5分、カイ・ハヴァーツが中盤のスペースでヨシュア・キミッヒからパスを受けて前を向くと、そこへイングランドのハリー・マグワイアがプレスに出てきた。

中盤右でボールを持つハヴァーツ。ここからドイツはどのように崩したか中盤右でボールを持つハヴァーツ。ここからドイツはどのように崩したか この記事に関連する写真を見る  そのタイミングで右ワイドのヨナス・ホフマンが中へ絞り、その外を後方からルーカス・クロスターマンがオーバーラップを仕掛けた。

 この状況でハヴァーツは次になにを選択し、ドイツはイングランドを崩したのか、というのがQuestionである。