2022.05.02

メッシ、ネイマール、エムバペ…奇跡のトリオは見納め? カタール首長激怒でPSG新銀河系軍団は解体か

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 サッカー界の至宝FWリオネル・メッシを筆頭に、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、そしてレアル・マドリードで長年キャプテンを務めたDFセルヒオ・ラモス......。今シーズンのパリ・サンジェルマン(PSG)は"新銀河系軍団"と呼ばれるほど超豪華な陣容を整えた。

 しかしながら、その注目度とは裏腹に、チャンピオンズリーグ(CL)ではラウンド16でレアル・マドリードに敗れ、フランスカップでもラウンド16でニースにPK戦で敗退。期待を大きく裏切るシーズンになってしまった。

メッシ(左)ネイマール(右)エムバペ(中央)の頭文字でMNMトリオメッシ(左)ネイマール(右)エムバペ(中央)の頭文字でMNMトリオ この記事に関連する写真を見る  唯一手にしたタイトルは、クラブ通算10度目となるリーグ優勝のみ。これにより、通算最多優勝回数を誇る名門サンテティエンヌに肩を並べることになったわけだが、その記録さえも霞んで見えてしまうというのが実際のところだろう。

 2シーズンぶりのリーグ・アン優勝を決めた本拠地パルク・デ・プランスでのRCランス戦(第34節)では、68分にメッシがリーグ4得点目となる先制ゴールを決めるも、試合終了間際に10人で戦う相手に追いつかれ、せっかくのお祝いムードもトーンダウン。試合後にはピッチで選手たちが優勝に歓喜したが、どこかわびしさが残る風景にも見えた。

 ちなみに、この試合でマウリシオ・ポチェッティーノ監督が採用した布陣は3−4−3。最終ラインにマルキーニョス、セルヒオ・ラモス、プレスネル・キンペンベの3人が並び、前線はメッシ、キリアン・エムバペ、ネイマールのMNMトリオ。中盤にはアクラフ・ハキミ、イドリッサ・ゲイェ、マルコ・ヴェッラッティ、ヌーノ・メンデスの4人を配置した。

 実はこれこそ、指揮官がCL決勝トーナメント用の切り札として、年明けからテストしていた新布陣。しかし、セルヒオ・ラモスの戦列復帰が遅れたために、CLではお蔵入りとなった経緯がある。今シーズンの最適解になったかもしれないその布陣を、ほぼ優勝が確定していた国内リーグ戦でお披露目したこと自体も、PSGの今シーズンを象徴していた。