2022.04.23

リバプールが今季4冠へ向けてラストスパート。相手の裏をみごとに突く痛快な攻撃のポイントは何か

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
サラーへ縦パスを入れたあと、リバプールはどのように相手を崩したか?

 プレミアリーグ第30節、リバプールがホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎えて4-0と完勝し、シーズンダブルを達成した。

 リバプールはこの第30節終了時点で、首位マンチェスター・シティに勝ち点1差の2位。優勝争いはますますヒートアップしている。

 ユナイテッドは、守備時は5-3-2のシステムでリバプールにスペースを与えない形で臨んだが、開始5分にルイス・ディアスが早々に先制。その後、モハメド・サラーが2点、サディオ・マネが1点と、3トップが揃って得点する圧勝劇となった。

 今回は、ディアスが挙げた先制点のシーンをピックアップする。

 前半5分、リバプールはビルドアップで右サイドのトレント・アレクサンダー=アーノルドに展開。

アレクサンダー=アーノルドがサラーへ縦パス。このあとリバプールはどんな崩しを見せただろうかアレクサンダー=アーノルドがサラーへ縦パス。このあとリバプールはどんな崩しを見せただろうか この記事に関連する写真を見る  前線のサラーが、相手のディオゴ・ダロトのプレッシャーを受けながらボールを受けに下りてきて、そこへアレクサンダー=アーノルドは縦パスを出した。

 次の瞬間から、リバプールはどのようにユナイテッドの守備を崩していったのか、というのがQuestionである。