2022.02.13

リバプールのマネvsサラーなど盛り上がる一方で、アフリカネーションズカップでは死者が出る悲劇もあった

  • ニック・エイムス●取材・文 text by Nick Ames
  • 井川洋一●翻訳 translation by Igawa Yoichi

【サディオ・マネvsモハメド・サラー】

 サディオ・マネを擁するセネガルがモハメド・サラーの牽引するエジプトを決勝で下し、アフリカネーションズカップ2021(※2021年に予定されていた大会が翌年に開催されたため、名称はそのまま)は幕を閉じた。

アフリカネーションズカップで優勝したセネガルのサディオ・マネ photo by AFLOアフリカネーションズカップで優勝したセネガルのサディオ・マネ photo by AFLO この記事に関連する写真を見る  リバプールのふたりのエースが頂上で対決し、今大会随一の戦力を誇るセネガルが初優勝したのは、よきフィナーレだったと言える。しかしこの大会は今後、何よりもファンが命を落とした悲劇とともに記憶されることになる。少なくとも、大陸外の人々には──。

 1月24日、カメルーンの首都ヤウンデの郊外にある今大会の主要会場スタッド・オレンベで、カメルーンとコモロのラウンド16が行なわれていた。

 インド洋に浮かぶ小さな島国コモロの代表は、今大会に新鮮な驚きをもたらしたチームのひとつで、5度の優勝回数(最多7度のエジプトに次ぐ)を誇る開催国の代表を相手に、見事なパフォーマンスを披露していた。

 本大会に初出場していた彼らはグループステージで強豪ガーナを下し、決勝トーナメントに到達したものの、複数の選手が負傷と新型コロナの感染に見舞われ、出場できるGKがいなくなり、この一戦ではサイドバック(SB)のシャケル・アルハドゥがゴールを任された。

 加えて序盤に主将のジミー・アブドゥがレッドカードを受けて、ひとり少ない状況となったにもかかわらず、大国カメルーンと堂々と渡り合っていた。スキルフルな小国の選手たちは、2点を先行されても諦めずに1点を返し、最終的には一歩及ばなかったが、観た者にフットボールの面白さと奥深さをあらためて感じさせた。

 そう、このピッチの上には、クオリティーとカオスの入り混じった予期せぬ楽しみが確かにあり、それは今大会の縮図のようにも感じられた。

 ところが、そのスタジアムの外では悲劇が起きていた。試合が開始された頃、南側の入り口に多くのファンが殺到し、あろうことか、数十人の負傷者にとどまらず、8人の死者が確認されたのだった。そのうち少なくともふたりは女性で、ふたりは子どもだったという。