2021.10.28

佐藤寿人がCLの魅力を語り尽くす。J屈指の点取り屋が注目する若手FWとは?

  • PROMOTION 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 9月中旬に幕を開けたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ。第1節ではバルセロナがまさかの大敗を喫するなど、早くも大混戦の様相を見せている。現在3節まで終了し、まさに今は折り返し地点。11月2日・3日に第4節を迎えるCLの見どころについて、歴代1位のJリーグ通算220ゴールという偉大な記録を持つ佐藤寿人氏に話を聞いた。

佐藤寿人氏が注目するアヤックス所属の21歳ブラジル人佐藤寿人氏が注目するアヤックス所属の21歳ブラジル人

―― グループステージ3節を終えて、ここまでのチャンピオンズリーグ(CL)をどう見ていますか。

「順当と言えるグループもあれば、波乱のグループもありますよね。特にシェリフ(モルドバ/グループD2位。第3節終了時、以下同)に関しては、ちょっと驚きですね。とはいえ、全体的に見れば力のあるクラブがしっかりと勝ち点を積み上げているな、という印象です。

 僕はミラン(グループB4位)が好きなので、久しぶりにCLの舞台で見られるのは嬉しいんですけど、全然勝てないですね(苦笑)。ちょっと厳しいグループに入ってしまったのかなと」

―― イタリア勢はユヴェントス(グループH1位)以外のチームが苦しんでいますね。

「そうなんです。インテル(グループD3位)も苦戦しているのは意外でしたね。やっぱり、ロメル・ルカク(チェルシー/グループH2位)がいなくなったのは痛いと思いますよ。彼は得点だけじゃなくて、ボールを収めることも周りも生かすこともできる。

 CLを勝ち抜くという意味では、今のインテルでは戦力的に難しいのかもしれません。前線にワールドクラスのタレントがいるかどうか。その差が結果に表れているのが、3節終えての感想ですね」

―― メッシ(パリ・サンジェルマン/グループA1位)がいなくなったバルセロナ(グループE3位)もそうですよね。

「バルサは難しい時期ですからね。CLだけではなく、国内でも苦しんでいますから。経営的な部分で問題を抱えているので、サッカーに集中できる環境が作られていないと感じます。

 やっぱりピッチ上のことだけではなく、クラブとしていい状態にないとグループステージを勝ち上がることさえも難しい。CLはそれくらいレベルの高い大会だと思います」