2021.03.16

『鬼滅の刃』とサッカーの共通性は育成にも。カンテラの意味は石切り場

『鬼滅の刃』視点でサッカーを語り合う 第5回

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材しつづける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。普段は欧州チャンピオンズリーグ(CL)を語る3人ですが、このシリーズではあの大人気漫画「鬼滅の刃」とサッカーの深い関係性について語ります。今回のテーマは「育成」。サッカー選手の育成と鬼殺隊剣士の育手の共有点とは。

『鬼滅の刃』とサッカー。今回はスカウトと育成の話『鬼滅の刃』とサッカー。今回はスカウトと育成の話 <スカウトの冨岡義勇と育成コーチの鱗滝左近次>

倉敷 前回同様、今回も鬼殺隊をサッカークラブにおける組織と重ねて見ていきましょう。お題は「育成」です。まず鬼殺隊の人材育成に欠かせない「育手」の存在に着目したいと思います。

 育手は、よい人材を見つけて、長期にわたる厳しい訓練を課すことで隊士を育てます。主人公の竈門炭治郎の育手は元・水柱の鱗滝左近次。サッカー界にたとえるなら、鱗滝さんは育成コーチです。物語では鱗滝さんが狭霧山で炭治郎を鍛えて、最終的に刀で大きな岩を切るという課題を課すわけですが、私はこのシーンにどうしてもスペインサッカーの育成との共通点を感じてしまいます。ここは小澤さんにお願いします。