2021.03.15

レアル、バルサなど引く手あまた。「南米最後の名将」は元ファンタジスタ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO

ファンタジスタ×監督(4)
(1)から読む>>

 アルゼンチン人マルセロ・ガジャルド(45歳)は、すでにファンタジスタとしてより、監督としての名声のほうが広まっているかもしれない。

 リーベルプレートを率いて2018、2019年と、2年連続で南米年間最優秀監督賞を受賞。リベルタドーレス杯で2度の優勝タイトルも燦然と輝くが、特筆すべきはプレースタイルだろう。ボールをどんどん動かし、スペースを作って、鮮やかに相手の裏を取り、意気盛んにゴールへ迫る戦い方には、サッカーの本質的な美しさがある。ファンタジーを作り出せる手腕は本物だ。

「不調のレアル・マドリード。(フロレンティーノ・)ペレス会長は(ジネディーヌ・)ジダンの後任として、ガジャルドをリストに入れた」

 今年1月、そんな記事が世界を駆け巡った。いまだ欧州に渡っていない最後の南米の名将として、引く手あまただ。

 2月には、ある事実も明るみに出た。

「バルサはガジャルドにラブコールを送っていた!」

 2020年1月、バルサのスポーツディレクターだったエリック・アビダルは、フランス代表時代からガジャルドと友人で、エルネスト・バルベルデ監督(当時)の後任としてオファーを送っていた。この時はガジャルドが「すでにプレシーズンが始まっている。リーベルの監督を離れられない」と断って、後任にはキケ・セティエンが就任することになったという。

 ガジャルドは、<ファンタジスタ×監督>を最も雄弁に体現できているひとりだ。

欧州で最も注目されている南米の監督、マルセロ・ガジャルド(リーベルプレート)欧州で最も注目されている南米の監督、マルセロ・ガジャルド(リーベルプレート)  90年代、ガジャルドはファンタジスタとして頭角を現している。リーベルのエースとしていくつもタイトルを勝ち取り、96年にはリベルタドーレス杯でも優勝。アルゼンチン国内でその名声は高まった。

 当時、アルゼンチン代表は「ポスト・ディエゴ・マラドーナ」の過渡期に入っていた。

 ガジャルドはアリエル・オルテガ、フアン・セバスチャン・ベロンと"跡目を争い"、あるいは共闘した。95年、97年の2度のコパ・アメリカに出場。97年はエースとして出場し、チーム最多の3得点を挙げるが、ベスト8で敗退している。98年フランスワールドカップのメンバーにも選ばれ、日本戦の出場はなかったが、クロアチア、ジャマイカ、イングランド戦などに出場した。