2021.01.11

久保建英は入り込めなかった。エースを生かすビジャレアルの阿吽の呼吸

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆久保建英はヘタフェでフィットするか。柴崎を見切った指揮官の戦術は>>

Answer
相手のマークを引きつけるように、中央に走り込んだ

 チュクウェゼがカットインしたタイミングで、2列目から走り込むモイ・ゴメスはフリーだった。バイタルエリアでモイ・ゴメスがパスを受け、そこからシュートやパスという選択肢もあるなかで、このシーンの判断はそうではなかった。

モイ・ゴメスは中央へ入ってDFふたりを引きつけ、ファーサイドでジェラール・モレノをフリーにしたモイ・ゴメスは中央へ入ってDFふたりを引きつけ、ファーサイドでジェラール・モレノをフリーにした  最初のポイントはモイ・ゴメスの動きだ。フリーのモイ・ゴメスはバイタルエリアで止まることなく、そのままペナルティーエリア内へ進入した。これによりジェラール・モレノのマークについていたレバンテのコケを引きつけ、その隙にジェラール・モレノはバックステップで距離を取って、ファーサイドでフリーになれた。

 それを見ていたチュクウェゼの判断もポイントである。一度は走り込むモイ・ゴメスへのパスのモーションを見せたが止まり、フリーとなったジェラール・モレノへグラウンダーのパスを選択した。

 これでジェラール・モレノは、良い形でコケとの1対1に持ち込むことに成功した。コケに得意の左足を警戒されたものの、うまく右足側へ持ち込んでシュートを決めた。

 モイ・ゴメスの囮となって隙をつくる動きと、チュクウェゼのパスの判断により、最もクオリティのあるエースの決定機をつくり出した。久保も容易には入り込めなかった、前線の見事なコンビネーションによるカウンターだった。

◆動画 ラ・リーが第17節 ビジャレアルvsレバンテハイライト
(ジェラール・モレノのゴールシーンは2分57秒〜3分40秒)

関連記事