2020.11.29

久保建英ビジャレアル、首位ソシエダと激突。両軍指揮官の数奇な縁

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Diego Souto/Quality Sport Images/Getty Images

 ここに1995-96シーズンに撮影された1枚の写真がある。

「レアル・ソシエダの重鎮」

 そう言われるミケル・エチャリが2列目の中央に立っている。左にいるのは当時、監督を務めていたハビエル・イルレタだ。エチャリはレアル・ソシエダで強化部長、育成部長、ヘッドコーチ、Bチーム監督、戦略分析担当など、さまざまな職務を20年にわたって務めてきた。当時はイルレタの参謀役だった。

 そしてエチャリの上に映っているのがイマノル・アルグアシルである。現在、リーガ・エスパニョーラ第10節終了時点で首位に立つレアル・ソシエダで監督を務めている。一方、下に映っているのがウナイ・エメリ。久保建英が所属するビジャレアル(同3位)の指揮官だ。

 今週末、レアル・ソシエダとビジャレアルは首位攻防をかけて対決する。

 Sportivaで日本代表についても解説してきたエチャリは、イマノルとエメリの2人に少なからぬ影響を与えてきた。レアル・ソシエダのBチームで監督を務めていた時代、どちらも選手だった。その2人が監督として対決するのは感慨深い。

「これも何かの縁だ」

 エチャリは言う。サッカー界はあざなえる縄のごとし。イマノルは選手時代、ビジャレアルでもプレーした。

 イマノル対エメリはどんな戦いになるのか。

久保建英に指示を与えるビジャレアルのウナイ・エメリ監督久保建英に指示を与えるビジャレアルのウナイ・エメリ監督  レアル・ソシエダは80年代まで、バスク人の選手のみで戦う「純血主義」を守ってきた。その後は外国人選手とも契約するようになったが、バスク人主体は変わっていない。下部組織のスビエタはバスク人選手を中心に鍛錬し、トップチームの約半分がスビエタ出身者だ。

<人を育て、選手を育てる>

 レアル・ソシエダにはそんな特性がある。イマノルもエメリもスピエタ出身だ。もっとも、2人は選手としては華やかな時代を送ったわけではない。

 イマノルは、スビエタ出身選手として1991年からトップチームの右サイドバックとしてプレーしている。

「イマノルは人生を通じ、謙虚に生きてきた男だ」

 エチャリはそう回顧している。