2020.11.16

プレミアで躍進。アストン・ヴィラのカウンターがうますぎる

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

ベンゲルが振り返る自らのサッカー人生>>

Answer
プルアウェイで相手の背後に回ってからダイアゴナルラン

 GKのスローインから始まったカウンターのシーン。アストン・ヴィラはグリーリッシュがボールを運び、前線にワトキンス、ファーからロス・バークリーが走ってきている。

ワトキンスは相手の背後に回ってから斜め前に出る動きで、フリーでラストパスを受け取ったワトキンスは相手の背後に回ってから斜め前に出る動きで、フリーでラストパスを受け取った  これに対してアーセナルは、ロブ・ホールディングとガブリエウ・マガリャンイスのふたりが残っていた。遅れてエクトル・ベジェリンが追走しているものの、大局を見ると状況としてはアーセナルが数的不利という場面だった。

 ここでまずポイントになったのが、ワトキンスの動き出しである。グリーリッシュがスピードに乗って左サイドをドリブルで持ち上がると、ワトキンスはホールディングの視界から消えるように背後にコースを変えた。ホールディングはワトキンスを気にしながら、直進してくるグリーリッシュへの対応に迫られた。

 一方、ガブリエウはワトキンスを見ながらファーからフリーで駆け上がってきたバークリーを意識していた。ホールディングはガブリエウにワトキンスを任せたが、ガブリエウがふたりをケアするのには無理があった。

 そして、ペナルティーエリア前のギリギリまで待ったホールディングがアタックに行った瞬間に、ワトキンスは斜めに動き出した。ガブリエウは最後までバークリーへのパスを警戒しながら対応していたため、ワトキンスへの反応が遅れた。

 抜け出したワトキンスは冷静にGKの股間を抜いてフィニッシュ。ワトキンスのお手本のような動きと、バークリーのランニングも効いた、アストン・ヴィラの見事なカウンターだった。

【動画】プレミア8節アーセナルvsアストン・ヴィラ戦ハイライト
(カウンターからのワトキンスのゴールは5分41秒〜6分27秒)

関連記事