2020.10.30

強いレスターの進化した攻撃が面白い。再び奇跡の優勝はあるか?

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

【写真】海外サッカートップ選手の美人パートナー17人>>

Answer
相手の動きの逆を突いて、裏のスペースに抜け出した

 ウンデルが中盤のスペースに下りてくる時、相手のグラニト・ジャカとキーラン・ティアニーの間のポジションで、マークにつかれにくい位置を取ったのが巧みだった。ジャカとティアニーのどちらがつくか曖昧なままの状況で、ボールを受けたティーレマンスは前を向くことができた。

反転したウンデルは裏のスペースへ抜け出し、バーディーのゴールをアシストした反転したウンデルは裏のスペースへ抜け出し、バーディーのゴールをアシストした  それと同時に、中央で攻め残っていたバーディーの位置も注目すべきポイントだ。これによってガブリエウ・マガリャンイスがマークに残り、アーセナルはDFラインが揃わずにギャップが生まれていた。それは当然、ウンデルもわかっている。

 ウンデルはティーレマンスからのパスを受けるように中盤のスペースに下りてきたが、これはジャカとティアニーを釣り出すための罠だった。ティーレマンスが前を向いた瞬間にウンデルは鋭く反転して裏のスペースへ抜け出し、一瞬手前に釣られたジャカは完全に取り残された。

 ティーレマンスから正確なロングフィードが通ると、バーディーのマークについていたガブリエウがカバーに走るが、この時点でバーディーがフリーとなって勝負あり。

 陣形の崩れたアーセナルの隙を突くウンデルの巧みな動き出しから、エースのバーディーが決勝点を挙げ、この試合に勝利した。

【動画】プレミアリーグ・アーセナルvsレスター戦ハイライト
(レスターの決勝ゴールシーンは3分17秒~3分58秒)

関連記事