2020.09.30

釈放後のロナウジーニョの今。
酒とバラの日々で「世界で一番幸福な男」

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

◆「サッカートップ選手たちの美しきパートナー17人」はこちら>>

イメージキャラクターを務めるワインのワイナリー経営者と記念撮影するロナウジーニョ ロナウジーニョが自由の身になって約1カ月が経とうとしている。

 今年3月、ロナウジーニョは彼のマネジメントを一手に引き受ける兄のアシスとともにパラグアイに向かった。自身の本の宣伝とカジノのオープニング、そしてあるNGOのチャリティのためだ。

 到着した夜、彼らは超高級ホテルのスイートで逮捕された。理由は偽造されたパラグアイのパスポートを所持していたから。ロナウジーニョ兄弟は警察に勾留され、2日後には裁判所に出頭。3時間に及ぶ審議の後、そのまま刑務所に送られた。ロナウジーニョの弁護士は何度も彼らの釈放を請求したが、却下された。

 4月に入ると、保釈金160万ドル(約1億7000万円)を払ってやっと刑務所から出ることができた。しかし、自由は与えられず、2人は首都アスンシオンにある四つ星ホテルの一泊360ドル(約3万9000円)の部屋で軟禁生活を送ることとなった。

 幸か不幸か、コロナウイルスの感染拡大でホテルの宿泊客は彼らのみ。ホテルはホールを提供して、ロナウジーニョにボールも蹴らせてくれた。ちなみにホテル代はバルサ時代の親友リオネル・メッシが出してくれたという噂もあるが、真相はわからない。

 逮捕から131日目、2人は釈放された。勾留期限がぎりぎりで、パラグアイ当局はもう一度刑務所に収監するか、釈放するしかなかったが、収監するには証拠が不十分だったのである。

 こうして兄弟は8月24日、晴れて自由の身となり、翌日には帰国し、リオデジャネイロの自宅に戻ることができた。ちなみにロナウジーニョは完全な無罪放免だが、今回のパラグアイ行きを計画したのは兄のアシスであることから、アシスは今後2年間、4カ月に一度、ブラジル当局への出頭が義務付けられている。

 それにしても今回の事件は謎が多い。ロナウジーニョがブラジル人なのは誰もが知っている事実だ。それなのに、なぜ彼は偽のパラグアイのパスポートを使って入国したのか、なぜ空港ではおとがめなしだったのに、その夜ホテルで逮捕されたのか、なぜこれほど長く勾留されたのか。