2020.07.28

久保建英をめぐる噂の真相。ビッグクラブ関係者が明かす獲得の現実性

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

 2019-20シーズン、マジョルカで1年を過ごした久保建英(19歳)の市場価値が高騰している。

 久保はマジョルカでリーグ戦34試合に出場(23試合に先発)し、4得点5アシストを記録。攻撃を力強く牽引した。特にコロナ禍を経てのリーグ戦再開後は、10試合連続で先発出場し、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

 久保の移籍ネタは絶えない。スペイン国内では、レアル・ソシエダ、ベティス、セビージャ、バジャドリード、国外でも、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティ、ミラン、アーセナルなど、獲得に名乗り出たクラブの名前が次々と上がる。ひとつはニュース性があるからだが、実際に多くのクラブの関心事になっているのは事実なのだ。

 だが、その情報はどこまで信ぴょう性があるのか?

マジョルカ退団は決定的。来季の所属先が注目される久保建英 どの噂も、ありそうな話とは言える。

 たとえば、シティが久保に興味を持っているというのは、それなりの理由付けができる。

 まず、久保はシティグループの横浜F・マリノスでプレーした過去がある。そして、シティの監督であるジョゼップ・グアルディオラはバルサ育ちの選手であり、監督としても偉業を成し遂げている。グアルディオラが掲げるプレースタイルはかつてのバルサに近く、久保にも合わないことはない。

 シティ関係者は当然、久保をリストに入れているだろう。10代で世界有数の選手である日本人に、注目しないはずはない。しかし、獲得に向けての現実性は乏しいだろう。

 シティ関係者のひとりに問い合わせたが、答えは明快だった。

「周り(現場)ではそんな話は一切聞かないよ。もちろん、プレーヤーとして評価しているし、情報は入っている。でも、レアル・マドリードが手放すことはないだろう」

 シティには、ヴィッセル神戸で指揮をとっていたファン・マヌエル・リージョがアシスタントコーチに入っている。リージョは久保を「ポテンシャルはスーパー」とFC東京時代から格別に評価していた。当然だが、マジョルカでのプレーも確認している。