2020.07.29

南野拓実のリバプール1年目を
クラブOBは辛口評価も「これからよくなる」

  • 田嶋コウスケ●文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

◆「ニューカッスルvsリバプール」のハイライト動画はこちら>>>

 プレミアリーグの2019-20シーズンが終わった。

 最終節が7月26日に英国各地で行なわれ、リバプールはニューカッスルを3−1で下した。すでにリーグ優勝を決めているリバプールは勝ち点を99まで伸ばし、クラブの最多勝ち点記録を更新した。

ニューカッスル戦で2度目の先発を果たした南野拓実 この試合で、南野拓実は国内リーグ2度目となる先発出場を果たした。

 CFのディボック・オリギ、右FWのアレックス・オックスレイド=チェンバレンとともに、南野は左FWの3トップ一角として出場。鋭いミドルシュートが相手GKのファインセーブに阻まれるなど惜しいチャンスはあったが、無得点のまま後半19分に退いた。

「レギュラー組を脅かすレベルには、まだ達していない」

 南野についてそう語ったのは、リバプールで1990年から1999年までプレーした後、レアル・マドリードで4シーズン活躍したスティーブ・マクマナマンである。

 厳し目の評価をすることで知られる元イングランド代表MFは、オリギ、オックスレイド=チェンバレン、南野の控え組の3トップでは連係面で難しさがあると語った。

「あまり先発の機会がありませんが、南野のプレーはどう映りましたか」との問いに、マクマナマンは次のように答えた。

「南野は、今日もゴール周辺にいただけだった。これはほかのFW、つまりオリギとオックスレイド=チェンバレンにも同じことが言える。モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノのレギュラー組の代わりをパッと務めるのは非常に難しい。

 もし、南野が3トップの一角としてサラーとフィルミーノと一緒にプレーした場合、あるいはマネとサラーとプレーすれば、日本代表のパフォーマンスもよく見えるようになるだろう。だが、レギュラー組が一気に抜け、控え組が3人でプレーした場合、連係が難しくなる。この3人がうまくハマるのは難しい」