2020.07.26

南野拓実、レギュラーへ足りない点。
リバプールでの最適位置を考えた

  • 田嶋コウスケ●文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO


 リバプールは今年6月、補強ターゲットのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ→チェルシー)を取り逃した。英メディアによると、新型コロナウイルスの感染拡大で補強予算が減り、スポーツディレクターのマイケル・エドワーズが獲得を見合わせたという。

 コロナ禍の影響で、来年1月に予定されていたアフリカ選手権が1年延期になった。エジプト代表のサラーとセネガル代表のマネが離脱しないのは、チームにとって朗報ではある。しかし、ブンデスリーガで28ゴールを叩き出しているヴェルナーを取り逃したのは、大きな誤算だったに違いない。

 南野としては、この機会を生かしたい。ドイツ代表FWが加入していれば、ポジションの重なる南野の強力なライバルになっていたはず。日本代表MFは持てる力を発揮し、前線の不足感を微塵も感じさせないパフォーマンスを見せたいところだ。

関連記事