2020.07.14

チェルシー対バルサ。老夫婦は
「これまで見た中で一番の試合」と言った

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiuama Shigeki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

追憶の欧州スタジアム紀行(15)
スタンフォード・ブリッジ(ロンドン)

 フラム・ブロードウェイ駅徒歩5分。チェルシーのホーム、スタンフォード・ブリッジは、プレミアに複数在籍するロンドンのクラブの中で、街の中心地に最も近いスタジアムになる。ピカデリー・サーカス駅周辺を銀座とするならば、三軒茶屋、駒沢大学前あたりか。フラム地区の閑静な住宅地の一角にある。世田谷公園にスタジアムが建っている感じだ。

 初めて訪れたのは1999年11月2日。チェルシーがチャンピオンズリーグ(CL)に初めて出場した1999-2000シーズンのことだ。

チェルシーの本拠地、スタンフォード・ブリッジ(ロンドン) 苦い思い出として記憶されている。CLはご承知のように火曜日、水曜日に行なわれる。筆者は、チェルシー対ヘルタ・ベルリン戦を観戦取材しようと、火曜日スタンフォード・ブリッジに出かけた。ところが周辺に観衆らしい姿はない。スタジアムには照明が点っていて、中からは選手が発する乾いた声が響いていた。頭の中が真っ白になった。行なわれていたのは前日練習で、試合日は翌日の水曜日だった。

 水曜日はバレンシアに移動して、その対PSV戦を観戦することになっていた。さらにその翌日の木曜日には、バレンシアから帰国の途につく予定だった。予定を変えてロンドンに延泊すれば、日本行きの航空券を買い直す必要が生じる。そんな経費はもちろん出るはずがない。試合当日、ロンドンから後ろ髪を引かれるようにバレンシアへ向かうことになった20年前の記憶は、いまだ鮮明だ。

 チェルシーはこの1999-2000 シーズン、1次リーグ、2次リーグを勝ち抜き準々決勝に進出した。

 対戦相手はバルセロナ。そして、スタンフォード・ブリッジで行なわれた第1戦に3-1で先勝した。カンプノウで行なわれる第2戦に大きな望みをつないだ。

 ところが終わってみれば5-1の大敗。チェルシーは合計スコア4-6で敗れた。好試合と言えば好試合だった。しかし、バルサとチェルシーとの間にはこの時、まだ少なからぬ差を感じたことも事実。ジャンルカ・ビアリ監督率いるチェルシーは、この当時、欧州ではまだポッと出のチームという印象だった。