2020.06.18

鎌田大地、メッシ級の技術力で覚醒中。
フランクフルト指揮官も大絶賛

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Reuters/AFLO

 ヨーロッパでプレーする日本人選手のなかで、いま最も勢いがある存在かもしれない。鎌田大地(フランクフルト)のことだ。

 6月17日に行なわれたブンデスリーガ第32節フランクフルト対シャルケ。それは鮮やかな先制点だった。

 前半29分。フランクフルトは左のタッチライン際でフィリップ・コスティッチが相手ボールを奪うと、前線のタイミングを測り、縦に速いボールを送る。フルスピードで抜け出した鎌田大地が、左足ワンタッチでラストパスを入れると、走り込んだアンドレ・シウバがディフェンダーをかわして右足のシュートをゴール左隅に決めた。

シャルケ戦にフル出場。先制点をアシストして勝利に貢献した鎌田大地(フランクフルト) 試合は後半に互いが1点ずつを加え、2-1でフランクフルトがシャルケを下した。鎌田、長谷部誠ともにフル出場している。

 今季、中断前までのフランクフルトはホームでの試合を得意としており、6勝3分3敗だった。ところが再開後はどういうわけかホームで勝てず、これが再開後の初勝利となった。フランクフルトは前節、アウェーのヘルタ・ベルリン戦に勝利したことで、1部残留を決めており、プレッシャーから解放されたこととも関係あるかもしれない。