2020.06.11

リーガ再開。優勝争いのカギを握る
「いるはずでなかった」2人の男

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

 コロナ禍により中断を経て、リーガ・エスパニョーラが3カ月ぶりに再開する。6月11日のセビージャダービー、セビージャ対ベティスが先陣を切る。当面は無観客試合となるが、ラジオ局『COPE』は「6月29日以降、30%の観客動員が許される」とすっぱ抜いている。今後も随時、動きがあるだろう。

 注目される優勝争いは、バルセロナとレアル・マドリードの2強にほぼ絞られている。首位のバルサは勝ち点2差で、2位のレアル・マドリードをリード。ただ、どちらも近年と違って勝ち点を落としているのが今季の特徴で、予断を許さない。

 優勝争いのキーマンは誰か? その舞台に"いるはずではなかった"2人の選手が、存在感を放ちそうだ。

全治4カ月の負傷から復帰間近のルイス・スアレス(バルセロナ) バルサは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、今年1月のスペインスーパーカップ準決勝のアトレティコ・マドリード戦で負った右膝外側半月板損傷から戻ってくる。全治4カ月。本来であれば、リーグ最終節にベンチ入りできるかどうか、だった。だが、コロナ禍による中断で間に合った。