2020.06.05

バルサが補強活動に積極的。ネイマールは断念、有力候補が2名いる

  • 高橋智行●文 text by Takahashi Tomoyuki
  • photo by Getty Images

 6月半ばのリーガ再開が決定したスペインでは、3月半ばに非常事態宣言が発令されてから現在に至るまで、サッカー報道は移籍情報が中心となっている。なかでもバルセロナ関連のものが群を抜いて多い。

バルセロナは、大規模な人員整理のなかで来季の補強を図る バルサは今季、財政面で新型コロナウイルスの影響を大きく受け、2億ユーロ(約240億円)の収入減を想定し、クラブが見積もった年間予算の10億4700万ユーロ(約1256億4000万円)を達成できなくなったとのこと。

 そのなかでトップチームの給与総額が4億2700万ユーロ(約512億4000万円)と高額なため、非常事態宣言がつづく間、選手と給与の70%カットで合意に達した。さらにクラブ職員に対しては、国の補償制度を申請して失業手当を受け取り、選手の給与カット分と合わせることで給与の全額支払いを保証している。

 バルサはこのように今夏直面している財政難を、来季トップチームに抱える可能性がある35選手(Bチーム、レンタル中、来季に向けて契約済みの選手含む)を整理してカバーしなければならない。

 リオネル・メッシ、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、ジェラール・ピケ、クレマン・ラングレ、フレンキー・デ・ヨング、アントワーヌ・グリーズマン、アンス・ファティ以外の選手 たちはすべて、放出可能と考えていると伝えられている。