2020.04.27

バロンドール史上最大のミス。
2010年はスナイデルが受賞すべきだった

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by AFLO

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(8)
ヴェスレイ・スナイデル(2009-10)

 2010年のFIFAバロンドールはリオネル・メッシ(アルゼンチン)が受賞している。2位はアンドレス・イニエスタ(スペイン)、3位シャビ・エルナンデス(スペイン)と、バルセロナの3人でトップ3が占められた。

インテルの3冠達成に大きく貢献した、2010年のスナイデル FIFA最優秀選手賞とバロンドールが合体していたこの時期、投票は各国代表チームの監督、主将、そして記者投票の総合で受賞者を決めている。

 1位のメッシは総投票の22.65%を獲得。監督、主将の投票でトップ。ただし、記者投票で1位だったのは、全体では4位のヴェスレイ・スナイデル(オランダ)だった。

 記者投票では7.70%を獲得したスナイデルが1位、2位はイニエスタ(7.53%)、3位シャビ(5.96%)で、メッシは4位(4.38%)なのだ。

 スナイデルはアジリティとボールコントロールがすばらしい。狭いスペース、わずかな時間でも、素早いステップと無駄のないコントロールでボールを受けられる。ポジションは古典的とも言えるトップ下だが、このアジリティとテクニックのおかげでスナイデルはプレーする場所を消されない。古典的なプレーを現代のサッカーに蘇らせたところが稀少価値といえる。