2020.04.06

レアルのサンス会長時代の栄華。
マドリディスモの化身、ラウルの登場

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

レアル・マドリード王者の品格5

 3月、レアル・マドリードの会長を務めていたロレンソ・サンス氏が、新型コロナウイルスに感染、重症化して亡くなっている。76歳だった。

「このような終わり方は父の人生にふさわしくない」

 レアル・マドリードの選手でもあった息子、フェルナンド・サンスはそう言って悲嘆にくれた。当時、サンス元会長に関わった選手たちは、いっせいに理不尽な死を悼んだ。

“サンス時代”は、1995年から2000年まで5シーズンにわたっている。1997-98シーズンには、32年ぶりとなる欧州制覇を実現。決勝のユベントス戦で劇的な決勝点を決めたプレドラグ・ミヤトビッチの移籍交渉を成功させた功績は大きかった。ダボル・スーケル、クラレンス・セードルフ、ロベルト・カルロス、ボド・イルクナー、クリスティアン・パヌッチなど外国人選手は”当たり”が続いた。

レアル・マドリード歴代最多出場の記録を持つラウル・ゴンサレス 1999-2000シーズンには、シーズン途中で指揮を執ったビセンテ・デル・ボスケ監督が、欧州チャンピオンズリーグ(CL)を再び制覇。フェルナンド・レドンド、ロベルト・カルロスらが躍動した。GKでは下部組織出身のイケル・カシージャスも頭角を現している。

 そんなサンス時代を最高に彩ったのが、伝説のナンバー7、ラウル・ゴンサレスだった。