2020.04.02

菅原由勢「お試し」のち5年契約。
欧州で順応する秘訣を本人に聞く

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 3月7日に行なわれたオランダリーグの首位攻防戦「アヤックス対AZ」には、5万2700人もの大観衆がヨハン・クライフ・アレナに集まった。

完全移籍による5年契約を勝ち取った菅原由勢 今季、オランダリーグに爽やかな風を吹き込んでいるAZは完全敵地のなか、伸び伸びとしたプレーを見せてアヤックスを圧倒し、2−0で勝った。これでAZは今季、アヤックスに対して2連勝。そして、首位アヤックスに勝ち点で追いついた。

 アヤックスのあるアムステルダムと、AZのあるアルクマールは40kmしか離れていない。さらにAZのトレーニングコンプレックス(練習場)は、アムステルダムからわずか20km北のワイデウォルメルにある。

 北ホラント州のエリートはアヤックスのアカデミーを選び、タレントはAZに進む。両者はジュニアユースやユースの世代で切磋琢磨を繰り返して成長し、さらに選ばれし者がプロとなり、オランダリーグで極上のエンターテインメントを提供する。

 AZに所属する21歳のカルビン・ステングスは早熟の天才に思えるが、本人は「僕は遅咲きの選手」と語る。過去にアヤックスのテストに落ちて泣きじゃくったという19歳のマイロン・ボアドゥはその後、アヤックスに誘われてもAZに残る決心をした。