2020.03.29

コロナによる本田圭佑への影響。
ブラジルの各クラブも経済的にピンチ

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 ボタフォゴのユニホームを着てともにプレーする本田とヤヤ・トゥーレの姿を期待していたサポーターは失望したが、それ以上に落胆していたのはボタフォゴの幹部だった。外国の有名プレーヤーを連れてくれば、さまざまな方法で金儲けができると彼らは算段していたからだ。「ブラジルで一番国際色豊かなチーム」になれば、世界的企業も喜んでチームスポンサーになってくれるはずだ。

 それだけではない。ブラジルではホームで行なう試合の権利を売ることができる。つまり金さえ払えば、ボタフォゴの試合を自分の町に呼ぶことができるのだ。たとえばリオデジャネイロのニルトン・サントス・スタジアムで行なうはずのボタフォゴ対フラメンゴの試合を、アマゾンのマナウスでプレーすることも可能になる。その場合、招致側は、試合の権利費以外にも、両チームの交通費と宿泊費、選手へのボーナスなどを払う必要がある。それでもチームに有名な選手がいるチームを招致できれば、多くの観客を集め、儲けることができる。

 本田とヤヤ・トゥーレがいれば、ボタフォゴはその"興味深いチーム"になれたはずだった。