2020.03.09

カフーが本田圭佑を好評価。
「インテリジェンスも情熱もある」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Minegishi Shinji

 2月に開催された世界的スポーツアワード「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020」。その会場に各スポーツ界のレジェンドたちが集まった。今回はそのなかの一人で、同アワードのアカデミーメンバーである、カフー氏に話を聞いた。
日本に対して親しみを込めて話してくれたカフー

 2002年日韓W杯優勝メンバーで、ブラジル代表キャプテンを長らくつとめたカフー。左のロベルト・カルロスと、右のカフーという超攻撃的なサイドバックは当時、見る者に強烈な印象を与えた。W杯は1994年アメリカ大会から06年ドイツ大会までの計4大会に出場し、優勝2回、準優勝1回。決勝に3度出場している稀有な選手だ。代表キャップ142はブラジル代表としては未だ破られていない記録である。クラブでは、ローマやミランで活躍。ローマでは中田英寿らと共に00-01シーズンにスクデッドを獲得。ミランでは06-07欧州チャンピオンズリーグ優勝も果たしている。

 そんな押しも押されもせぬサッカー界のレジェンドであるカフーは、どのように日本サッカーを見ているのだろうか。Jリーグにはブラジル人選手も、指導者も、関係者も数え切れないほどいて、ブラジルからの影響力の大きさは計り知れない。