2020.03.10

吉田麻也がセリエAデビュー戦後、
サポーターの心をつかんだひと言

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • photo by LaPresse/AFLO

 1月末にサンプドリアにサプライズ移籍してきて以来、1カ月と8日。ついに吉田麻也がセリエAデビューを果たした。

ヴェローナ戦でセリエAデビューを飾った吉田麻也(サンプドリア) ここまでたどり着くにはかなりの紆余曲折があった。移籍後すぐにプレーするのではと言われていたが、最初のナポリ戦(2月4日)はベンチ外。続くトリノ戦(2月9日)、フィオレンティーナ戦(2月16日)はベンチには入ったものの出番なし。そしていよいよインテル戦(2月23日)で、サンシーロという大舞台でデビューとなるはずだったが、試合は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された。さらにヴェローナ戦(3月1日)ではスタメンに名前を連ねていたものの、1週間の延期となってしまった。

 3月8日、待ちに待ったデビューは延期されたヴェローナ戦だった。実はこの試合も、最後の最後まで開催が危ぶまれていた。選手や監督たちは、同じ日の12時30分(サンプドリア戦は3時開始)に予定されていたパルマ対SPAL戦のキックオフの知らせを聞いて、初めてこの日のプレーを確信したという。