2020.02.27

南野拓実がクロップ監督からの
信頼の言葉に感謝「本当にうれしかった」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 リバプールが国内リーグの連勝記録を「18」に伸ばした。

 2月24日に行なわれたウェストハム・ユナイテッド戦を3−2で勝利し、30年ぶりとなる悲願のリーグ優勝にまた一歩近づいた。本拠地アンフィールドでは、これで21連勝。1972年にリバプールが達成した国内トップリーグでのホーム連勝記録に並んだ。

笑顔を見せながらチームメイトとアップする南野拓実 とはいえ、試合では大苦戦を強いられた。

 相手は下位に沈むウェストハム。4−4−1−1を採用したデビッド・モイーズ監督は自陣深い位置で守備を固め、リバプールの攻撃が生きるスペースを徹底的に打ち消した。本職が守備的MFのマーク・ノーブルをトップ下で起用したり、時間帯によってサイドMFが最終ラインまで戻って6バックに変形したりと、とにかくディフェンス重視で戦った。

 それでも、相手が下位のウェストハムだったせいか、熱狂的なファンが集まるゴール裏のKOPスタンドは前半、普段よりも静かだった。前半は淡々と進んでいったが、後半9分にワンチャンスをモノにしたウェストハムに逆転ゴールを許すと、ここからアンフィールドの住民たちの声量は一気に跳ね上がった。