2020.02.26

板倉滉の心は折れない。
「使ってくれ」と監督にしっかり自己主張

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 今季のオランダリーグで、板倉滉は開幕から16試合連続フル出場を果たしていた。専門誌『フットボール・インターナショナル』が選ぶシーズン前半戦のベストレイレブンのセンターバック部門では、アヤックス勢のデイリー・ブリント、ジョエル・フェルトマンに次ぐ3位。まさに「ブレーク近し」の感もあった。

VVV戦では久々にスタメンで出場した板倉滉 だが、第17節のADOデン・ハーグ戦でスタメンから外れてしまうと、その後は極端に出場機会が減ってしまい、2020年に入っても第19節から3週続けてベンチに座ったままだった。この間、板倉の主戦場はリザーブリーグだった。

 そんな不遇の時を過ごしていたが、2月8日のフィテッセ戦(第22節/1-0で勝利)の89分から守備固めでボランチに入ると、16日のスパルタ戦(第23節/2-1で勝利)ではチームメイトの負傷もあって、44分からセンターバックとしてプレーした。

 そしてついに、23日のVVVフェンロ戦(第24節)ではミケ・テ・ウィーリクの出場停止処分によって、久しぶりにフル出場を果たした。持ち味のパスデリバリーではミスもあったが、守備では固いところを見せつけ、87分にGKのミスさえなければクリーンシートを達成できるはずだった。結局、試合は0-1で敗れてしまった。