2020.02.04

南野拓実が効果的な動きで存在感。
リバプールのスピードに合ってきた

  • 田嶋コウスケ●取材 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 試合後、時折見せるリラックスした表情に、手応えを掴んだ様子が伝わってきた。

 2月1日に行なわれたリバプール対サウサンプトン戦で、日本代表MF南野拓実は後半36分から途中出場。オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムとの交代で4-3-3の左FWに入り、4分のアディショナルタイムと合わせて13分間プレーした。

サウサンプトン戦で確かな存在感を示した南野拓実 投入前から「攻守の切り替えを速くすること、ゴール前で(ボールに)関わっていくこと」を意識していたという南野は、ピッチ上で効果的な動きを見せた。シンプルに、そして積極的に。

 過去出場した3試合よりもリバプールのプレースタイルにフィットした動きを見せ、得点チャンスも掴んだ。本人にも確かな感触があったようで、取材中は時折笑みをこぼしていた。

 最大のチャンスは、後半41分の決定機だった。

 FWモハメド・サラーからラストパスが入ると、ペナルティエリア内に走り込んだ南野が右足で合わせた。しかし、シュートのタイミングでMFナビ・ケイタと重なり、シュートは大きく枠を外れた。本人は「決めないといけなかった」と唇を噛んだが、ゴールまでの形はできていた。