2020.01.22

CLラウンド16のビッグマッチの注目点を
欧州サッカーの達人が分析!

  • photo by Getty Images

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.76

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回は、2月から再開するチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16の注目カードの見どころを伝えます。

CLはラウンド16からレアル・マドリード対マンチェスター・シティのビッグマッチが実現した――今回は、お三方に2月18日から再開するチャンピオンズリーグ(CL)の、ラウンド16の注目カードを展望していただきたいと思います。まずは、レアル・マドリード(スペイン)対マンチェスター・シティ(イングランド)、アトレティコ・マドリード(スペイン)対リバプール(イングランド)、そしてチェルシー(イングランド)対バイエルン(ドイツ)の3カードからお願いします。

<総合的にはマドリーが有利か!? シティはデ・ブライネで勝負>

倉敷 では、今回のラウンド16のなかで最も注目を集めそうなビッグマッチ、レアル・マドリード対マンチェスター・シティからいきましょう。間違いなく面白い試合になるでしょう。

小澤 ここにきてマドリーが調子を上げてきているだけに、かなり面白い試合になるでしょうね。とくに今季のマドリーはフェデリコ・バルベルデの台頭によって守備の強度が上がっていますので、シティのポジショナルプレーに対してどのように戦うのか今から楽しみです。

倉敷 スケジュールを見るとマドリーはシティと対戦した直後の週末にバルセロナとのクラシコがあります。2試合ともホームで戦えるとはいえ、マドリーには今季の山場と言える1週間になりそうですね。