2020.01.18

西川潤、バルサ移籍へ秒読み。
2人目の日本人を獲得する狙いとは

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO

 昨年10月、バルセロナ。ヨハン・クライフスタジアムで、バルサのセカンドチームであるバルサBを取材していた時だった。現地のスペイン人記者は、わけ知り顔でこう洩らした。

「(安部)裕葵は悪くないね。頭がいいし、ゴールに向かう強度がある。同じ日本の西川潤も、18歳になったらバルサBに来るらしいよ」

 欧州では、18歳未満のEU外選手の移籍が禁止されている。法の厳格化にともない、18歳になるのと同時に契約するやり方が一般的になった。久保建英のレアル・マドリード移籍もこの形だ。

 そしてスペイン人記者の予測どおり、西川のバルサ移籍が秒読み段階に入っているという。今年2月、西川は18歳の誕生日を迎える。そこがXデーになるだろう。

昨年のU‐17ワールドカップでもそのプレーが注目された西川潤 セレッソ大阪の強化指定選手である西川(桐光学園)は、昨年行なわれたU-17ワールドカップでも、アタッカーとして抜群の存在感を示している。グループリーグでは、オランダ、セネガルを撃破する得点を記録。ゴールだけでなく、そのパスからも得点を生み出していた。

 西川は左利きのアタッカーで、キープ力やプレービジョンに優れる。左足キックは強烈で、かつてバルサに在籍したリバウドに似ているところがある。スマートな選手で、相手のタイミングを絶妙にずらしながら、ゴールに迫れる。トータルプレーヤーとして、攻撃ポジションならどこでも収まり、まさにバルサ好みの選手だ。

 西川の入団が決まった場合、バルサにとっては安部裕葵に続く2人目の日本人選手となる。はたして、バルサの思惑はどこにあるのか?

 2部B(実質3部)に所属するバルサBの当面の目標は、2部昇格にある。第20節終了時点で3位。4位までのプレーオフ出場圏内に位置している。ちなみに、安部は3トップの一角のポジションを確保しており、主力のひとりだ。

 しかし、バルサBが後半戦を勝ち抜くのは簡単ではない。

 チームのエースであるリキ・プッチは、トップチームに帯同する可能性が高くなった。トップチームの監督に新たに就任したキケ・セティエンは、第20節のバダロナ戦も積極的に視察。ラ・マシア組を登用する考えを持っている。