2020.01.01

久保建英がリーガで起こしたセンセ-ション。
新たな「革命」を起こす予感

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

東京オリンピックで輝け!
最注目のヒーロー&ヒロイン
サッカー 久保建英 編

すでにマジョルカの主力として出場を重ねている久保建英「久保はすばらしい才能の持ち主だし、いつか最高の選手になるだろう。だからこそ焦らずに、成長するための猶予を与えながら見守りたい」

 マジョルカのビセンテ・モレーノ監督は当初そう言って、久保建英(18歳)について慎重な見解を語っていた。

 しかしスペイン1部マジョルカで、久保はすでに完全に認められた存在と言える。監督の予測を軽く超えてしまった。そのプレースキルの高さはチーム内でも歴然としており、レギュラーというより主力に近い。

 そして2020年、久保には東京五輪も控えている。自国開催の五輪は特別な響きがある。ひとつの祝祭になるかもしれない。ただ、久保はオリンピックの枠すら飛び出しつつあるのだ。

 久保の2019年はめまぐるしかった。

 2018年まではJ1で力不足を露呈し、「期待の若手」のひとりにすぎなかった。しかし、2019年になると、2月に開幕したJリーグで先発の座をつかむ。そしてゴールデンウィーク前には、首位争いをするFC東京で主力というよりエースになっている。5月には日本代表に選出され、6月には18歳となって世界的なビッグクラブであるレアル・マドリードと契約。代表としてコパ・アメリカに出場した。

 8月には、リーガ・エスパニョーラ1部マジョルカに期限付き移籍。地中海に浮かぶ島で、久保は序盤戦こそ途中出場が多かったものの、出場した試合では必ず爪痕を残してきた。そして9月はアトレティコ・マドリード戦、アラベス戦で先発出場。10月には代表戦から戻ってすぐのレアル・マドリード戦に途中出場し、金星に貢献した。11月に入ると第12節からは4試合連続先発出場。第13節のビジャレアル戦では、PKを誘うドリブルを見せただけでなく、鮮烈なゴールも決めたのだ。

 第14節のレバンテ戦、久保は違いを示している。ボールを引くフェイントで一度に2人を置き去りにするなど、20人のフィールドプレーヤーの中でも出色だった。左サイドをスタートポジションにするも、前線を自由に駆け回って、そのたび優位を作った。同点のシーンも、右サイドで起点になってサイドを崩した。