2019.12.04

エラシコ、ヒールリフト、ダブルタッチ。
各フェイントの王様は?

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by AFLO

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第14回

ドリブルはサッカーのプレーの一つだが、そのドリブルのすばらしさでファンを熱狂させ、喜ばせてきたスターがいる。「ドリブル王選手権」の4回目は、数々のオリジナルフェイントにまつわる逸話と、選手たちの紹介だ。

◆  ◆  ◆

<オリジナルドリブル王選手権>

 フェイントに自分の名前がついている、またはその選手のトレードマークみたいになっている。オリジナル部門については、やはりそれぞれの発明者の優勝になるだろう。

エラシコの使い手としてはナンバーワンだったロナウジーニョ キックフェイントから立ち足の後ろを通す切り返しは「クライフターン」と呼ばれている。もちろん発明者はヨハン・クライフだ。本当のところクライフがこれを最初にやった選手かどうかはわからないが、もう名前がついてしまっているのだから優勝である。実際、このフェイントモーションは後代の多くの選手が使っているが、そのキレと効果という点で元祖を超える者は現れていない。

 ジネディーヌ・ジダンの「マルセイユターン」も有名だ。「ルーレット」とも呼ばれている。右足のインサイドか足裏でボールを引き、さらに左足の裏で引きながら、くるりと1回転するアレだ。実はこのフェイントはジダン以前からあったが、とくに名前はついていなかった。

 有名になったのはやはりジダンが使ったからで、動作の滑らかさとスピード感は格別だった。ジダンがこれをやると観客は沸き、チームメートは勇気を与えられ、本人も調子の良さを確認するという感じがあった。ジダンの優勝。

 アウトサイド→インサイドの連続切り返しである「エラシコ」はロベルト・リベリーノ(ブラジル/1970年、74年、78年W杯で活躍)が元祖として有名だが、もとはユース時代の友人だったセルジオ越後がオリジナルだそうだ。どちらもエラシコの名手だったわけだが、これに関してはオリジナルが優勝ではない。