2019.10.23

板倉滉、昨季出場ゼロ→先発奪取。
冨安健洋とダブる成長のステップ

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by Getty Images

 10月20日、フローニンゲンが2-0でスパルタ・ロッテルダムを完封すると、記者室で何人ものオランダ人から「板倉はいいディフェンダーじゃないか」と声をかけられた。空中戦にも地上戦にも強く、最終ラインからのつなぎも正確。1試合に何度も左CBの位置から、ズバッとミドルパスを右サイドに通す。

相手FWとの空中戦にも負けない強さを見せた板倉滉 なによりオランダ人記者を魅了しているのが、板倉滉のスライディングタックルだ。スパルタ戦でも味方がバックパスをミスしてピンチになりそうだった場面を、板倉はタイミングのいいスライディングタックルでしっかり防いだ。

 中盤に上がる時の姿はエレガント。だが、その回数が少ないのが課題だろうか――。そんな私見をオランダ人記者たちに述べると、「右利きの板倉は4番(左CB)でプレーしているから、それは仕方がない。もし3番(右CB)のポジションでプレーしたら、もっと中盤にドリブルインする回数が増えるだろう」という温かい回答が戻ってきた。

 翌朝の地元紙『ダッハブラット・ファン・ヘット・ノールデン』は、板倉にチーム最高タイの採点7.0をつけ、簡潔に「ベスト・ディフェンダー」と寸評を載せた。

 今年1月、板倉はフローニンゲンに入団するも、昨季の出場機会はなし。今季は開幕からレギュラーだが、当初は「負傷中のサミール・メミシェビッチが戻るまでのつなぎ役」と見る向きが多かった。

 だが、そのメミシェビッチはようやくメンバーリストに名を連ねるようになったものの、デニー・バイス監督が「板倉滉×ミケ・テ・ウィーリク」のCBコンビを解消する気配はない。

「メミシェビッチをベンチに置き続けるのは、もったいない。かといって板倉を使わないのも、もったいない。そのうち、板倉はMFにコンバートされるかもしれない」(フローニンゲン番記者)

 私はふと、今の板倉を昨季の冨安健洋(ボローニャ)と重ね合わせる。ベルギーでの最初のシーズン、冨安はたった1分しか出場機会を得られなかった。だが、昨季の開幕戦で先発に抜擢されると、瞬く間に押しも押されもせぬシント・トロイデンのレギュラーCBになった。