2019.10.24

酔っ払いながらゴール。ペレよりも多く
5000得点した破格のストライカー

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第8回

カントナ、イブラヒモビッチと登場してきた「破格のサッカースター」シリーズ。今回はあのペレより断然多い5000ゴールを挙げたといわれているストライカー。ヨーゼフ・ビカンを紹介する。

◆ ◆ ◆

<ペレを超えた「5000得点」の男>

 ペレの生涯得点は1281ゴール。フットボールの王はFIFA(国際サッカー連盟)によると、公式記録の中では史上最多得点者ということになっている。しかし、非公式の記録などを含めると、ペレの得点数を超えていたかもしれないストライカーが少なくとも2人いる。

1930~50年代に活躍したストライカー、ヨーゼフ・ 1人はアルトゥール・フリーデンライヒ。1919年のコパアメリカでブラジル初優勝の原動力となったストライカーで、1930年代までプレーしていた。白人だけがプレーしていたブラジルで初の有色人種(ドイツ人の父とアフリカ出身の母)の名選手といわれている。

 フリーデンライヒの得点数は1326ゴール。これが正しいなら、史上最多得点者はペレではなくフリーデンライヒだ。ところが、フリーデンライヒの記録は詳細が不明なところもあり、現在は1229ゴールが正しいのではないかとされている。1229試合で1329ゴールではなく、1329試合で1229ゴールだということだ。後者だとペレの記録に52ゴール及ばない。

 もう1人はヨーゼフ・ビカン。1930~50年代にプレーしたストライカーだ。

「5000ゴールの男がいる」

 ペレが1000ゴールを達成するかどうかが話題になっていた頃、あるオーストリア人の元選手が言い出した。フリーデンライヒの1326ゴールどころではない、5000ゴールである。すでに引退していたビカンにメディアが真偽を確かめに行くと、本人はこう答えたという。

「俺がペレの5倍ゴールしたと言ったところで、いったい誰が信用すると思う?」