2019.07.09

ど派手補強のレアル。ロナウドの
穴を埋めると同時に怒涛の放出ラッシュ

  • 江間慎一郎●文 text by Ema Shinichiro
  • ムツ・カワモリ●撮影 photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 今から1年前。レアル・マドリードはチャンピオンズリーグ3連覇という華々しい偉業を達成した。その瞬間、彼らは間違いなくスポーツ界が世の中に供する「最強」の形容、象徴だった。だがしかし、やはりフットボールには今、この瞬間しか存在しないのだ。世界最高のクラブを自負するレアル・マドリードならば、なおさらである。

オフシーズン早々に、レアル・マドリードはアザールの入団セレモニーを行なった「ア・ポル・ラ・デシモクアルタ(通算14回目のチャンピオンズカップ/リーグ優勝へ)!」

 デシモテルセーラ(13回目の優勝)を果たした直後から、レアル・マドリードのファンはそう叫んだ。ここまで、どれだけの喜びを享受しようとも、彼らの欲求には果てがない。容赦もない。そして欲求が満たされなければ、生じるのは失望だ。今年3月のホームスタジアム、サンティアゴ・ベルナベウでは、わずか1週間の内にその感情がこれ以上ないほどに充満することになった。

 コパ・デル・レイ準決勝セカンドレグのバルセロナ戦(0-3、2戦合計1-4)、リーガ・エスパニョーラ第26節のバルセロナ戦(0-1)、そしてチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアヤックス戦(1-4、2戦合計3-5)……。ひとつの敗戦はひとつのタイトルを失うことを意味し、ファンはもう負けると判断した時点で席を立ち、家路につくことを繰り返した。意気盛んな若者も、酸いも甘いも噛み締めた年配の人たちも……。「最強」の形容、黄金期の輝きは、色褪せないどころかわずか1週間でメッキのごとく剥がれ落ちた。

 昨季メジャータイトル無冠と、ものの見事につまずいたレアル・マドリード。再び常勝クラブへと舞い戻るために打った手は、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とともに直前の黄金期を支えたジネディーヌ・ジダンの監督復帰、そして彼とともに陣容に変化を加えることだった。陣容変更の動きは、試合を戦い続けるモチベーションを失い、ただただ負け数を増やしていくことになる3月の時点で始まっており、ジダン監督とクラブは互いに意見を擦り合わせながら補強、放出する選手を決めていった。