2019.05.03

長谷部誠、チェルシー戦ドローに満足。
EL決勝まで全試合出場をめざす

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)準決勝第1戦。ホームでチェルシーを相手に1-1で引き分け、長谷部誠(フランクフルト)の表情には充実感のようなものが浮かんでいた。いつものリーグ戦後に見せる顔とはちょっと違い、高揚感が伝わってくる。よほど試合が楽しかったのだろう。

チェルシー戦にフル出場した長谷部誠(フランクフルト)「1-1という結果は悪くないのではないか?」との質問に、長谷部は冷静にスコアを振り返った。

「まあ悪くない結果だとは思うんですけど、ただやはり、(第2戦は)0-0ではダメだし、アウェーで最低でも1点を取らなきゃいけない」

 たしかに、アウェーゴールを奪われての引き分けは、厳しい結果だと言うこともできる。とはいえ相手は、フランクフルトから見れば、あらゆる意味で格上のクラブだ。

「チェルシーは、ここまでの対戦相手よりやはりひとつランクが上のチームだなと、(試合を)やっていても思いました。来週の木曜日は難しいゲームになると思います。ただここまで、厳しいと言われてきた戦いを、全部勝ち上がってきているので、ロンドンで何かを起こせるんじゃないかという、そういう変な何かがあります」

 最後に少しはにかんだのは、妙な自信を曖昧な形で口にしてしまったことへの照れにも見えた。

 実際、フランクフルトがELで歩んできた道のりは決して簡単なものではなかった。1次リーグは昨季決勝に進出したマルセイユや、イタリアの強豪ラツィオと同組だった。決勝トーナメントに入ってからもラッキーな組み合わせはひとつもなく、シャフタール・ドネツク、インテル、ベンフィカと、チャンピオンズリーグ(CL)に出場していてもおかしくないクラブを次々と倒してきた。そのプロセスで自信をつけ、たとえチェルシーが相手でも自信を持って臨むことができたのだろう。

 試合自体はフランクフルトがペースを握っていたとは言い難かった。

 長谷部によれば、この日のフランクフルトは相手のセンターフォワード、オリビエ・ジルーへの対応を考えた布陣だった。センターバックに入ったマルティン・ヒンターエッガーが、長身のジルーに対応していた。