2019.03.10

乾貴士、ホーム初得点。古巣監督も
「あいつはくそったれだ」と祝福

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「あいつは本当にくそったれだ(笑)。ゴールを決めた後に謝りに来たんだよ。だったら決めんなって話だよ(笑)。我々のところ(エイバル)でプレーしていた時よりも、アラベスで多くの得点を決めている。ゴールの仕方はベティスで学んだんだろう。いや、ベティスでは試合に出てなかったから、エイバルで学んだのかな(笑)」

 バスク地方のダービーであるアラベス対エイバル戦。試合後の記者会見でエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が笑顔で話をすると、会見場に集まった記者からも笑い声が溢れた。

 この試合、乾貴士は主役となる活躍を見せた。

古巣エイバル戦でゴールを決めた乾貴士(アラベス) 58分、エイバルの右CKのこぼれ球は、乾からジョニーにつながり、アラベスのカウンターが発動する。ジョニーがボールを運んでいくのを乾が追いかけ、ジョニーはペナルティエリア付近まで進むと、エリア内に侵入した乾にパスをつなぐ。すると乾はエイバルのDFホセ・アンヘルを引き連れながらドリブルし、中央のボルハ・バストンを確認。そんな乾の動きにGKマルコ・ドミトロビッチが反応したが、乾はワンフェイトを入れて元チームメートを地面に転がし、無人となったゴールへと流し込んだ。アラベスの貴重な先制点だった。

 試合はその後、エイバルが同点ゴールを決めて1-1の引き分けに。前節ビジャレアル戦に続く2試合連続決勝ゴールとはならなかったが、ミックスゾーンでメディアに応対した乾には笑顔が浮かんでいた。古巣エイバルの選手たちやメンディリバルにチャチャを入れられると、乾はスペイン語で話をしていた。