2019.03.06

トレーナーも驚く長谷部誠の
試合前のルーティン。「プロの鑑」

  • 鈴木達朗●取材・文 text by Suzuki Tatsuro
  • photo by Getty Images

 元日本代表の長谷部誠が所属するフランクフルトは、昨季のドイツ杯で30年ぶりに優勝し、今季のブンデスリーガでは3月5日時点で5位。リーグと平行して行なわれているヨーロッパリーグではベスト16入りを決め、ベスト8進出をかけたインテル戦を控えている。

ドイツ通算12年目、フランクフルトで5年目のシーズンを戦う長谷部  そんな好調のフランクフルトには、舞台裏で選手たちの活躍を支える日本人スタッフがいる。2014年にメディカルトレーナーとしてチームに加入した黒川孝一だ。

 学生時代、サッカーに打ち込んでいた黒川は、高校卒業後に大阪医専メディカルトレーナー学科を経て平成医療学園専門学校に入学。選手時代に治療を受けていた”師匠”の診療所で研修しながら、スポーツ外傷を施術できる「柔道整復師」と、「鍼灸師」の資格取得を目指した。
さらに専門学校では、ガンバ大阪でフィジカルコーチを努めていた吉道公一郎(現FC東京)のゼミを通じ、「プロの現場での動き方を教わった」という。さまざまなノウハウを学び、無事に資格を取得して卒業。プロサッカークラブで仕事ができる可能性もあったが、恩返しの意味も込めて”師匠”の診療所で1年間仕事を続けた後、2009年に独立した。

 自身の診療所を開設してからは、近所にあった奈良県立香芝高校サッカー部のトレーナー兼フィジカルコーチとしても活動した。第91回全国高校サッカー選手権に出場したチームに帯同するなど、スポーツの現場でキャリアを積み上げていた時に、サッカージャーナリストの小谷泰介と出会ったことでドイツへの道が開かれる。

 鍼灸を欧州に広める活動を行なっている小谷は、当時ヴェルダー・ブレーメンの監督を退任したばかりだったトーマス・シャーフと友人関係にある。そんな小谷から「仕事につながる保証はない」と念を押されながらも、シャーフを紹介してもらった黒川は、当時のコーチングスタッフが集まるなかで実際に診断や施術を行なった。

 その時は評価を得ただけで帰国となったが、約1カ月後に「トーマス・シャーフ、フランクフルトの監督に就任」というニュースが飛び込んでくる。すぐさま小谷に連絡を入れると、数日後に「シャーフ監督から『(フランクフルトの)キャンプに参加するように』と返答があった」と伝えられた。