2019.01.15

岡崎慎司が移籍希望。「もう出る時期かな。
求めてくれるチームが一番」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 レスター・シティの岡崎慎司が移籍希望を明らかにしたのは、1月12日に行なわれたサウサンプトン戦後のことだった。

 この試合の2日前、英紙『デーリー・テレグラフ』のジョン・パーシー記者が「ハダースフィールド・タウンが岡崎に獲得オファーを出した」と、クラブ間交渉があることをツイッターで暴露した。「レスターがオファーを断った」(同記者)ことで商談は成立していないが、ここにきて岡崎の周辺が一気に騒がしくなった。

岡崎慎司は今季リーグ戦で1試合しか先発していない 迎えたサウサンプトン戦で、岡崎は18名からなる試合メンバーから外れた。スーツ姿で観戦した試合後の取材エリアで、岡崎は思いの丈を語った。

「(移籍が成立するかは)もうチーム次第(=レスター)という感じですね。レスターで今は必要とされているのか、されていないのかわからない状況で。試合に出ても3分とか10分とかっていう状況は、選手として満足できない。

 3年半いたっていうことも、(移籍に向けて)やっぱりプラスに働いています。もう出る時期かなって思っている。しかも、こんな形でメンバー外になったら、もちろん(自分を)求めてくれるチームが一番だと思うし。

(移籍市場が閉じる)1月の終わりまで、まだ長いんでね。そこまではやれることをやって。もちろん、レスターで試合に出られるならいいですけど、そういう間は、やっぱりなかなかメンバーに入るのは難しいです」

 今シーズンの岡崎はレスター加入以来、もっとも厳しい状況に置かれている。

 プレミアリーグ第22節まで先発試合はわずか「1」で、途中出場が12試合。ただ、ベンチからピッチに投入されても出番が3〜10分程度の限られた時間しかなく、消化不良のまま試合を終えることが圧倒的に多い。プレー時間は在籍4シーズン目にして、もっとも短い。