2018.12.07

元JリーグMVPエメルソンが引退。
問題児の半生は波乱万丈すぎる

  • 沢田啓明●文 Sawada Hiroaki photo by Getty Images

「記録より記憶に残る選手」という言い回しがある。このフレーズがこれほどふさわしい男はなかなかいないだろう。

 小柄だが、圧倒的なスピードと抜群の決定力を備え、とりわけ大舞台で勝負強さを発揮した。その反面、練習に遅刻するのは日常茶飯事で、監督、クラブ関係者、対戦相手、審判など、誰とでも争いを起こす名うての問題児。素行上の問題で、しばしばクラブを追われた。にもかかわらず、サポーターから愛され、チームメイトからも慕われ、この12月、40歳3カ月でスパイクを脱いだ。

今年はコリンチャンスに戻ってプレーしていたエメルソン エメルソンは1978年9月6日、リオ郊外の貧しい家庭で「マルシオ・パッソス・デ・アウブケルキ」として生を受けた。幼い頃からボールを蹴るのが大好きで、勉強が大嫌い。サッカーのプロ選手になることしか考えていなかった。地元のアマチュアチームでプレーしながらプロクラブのテストを片っ端から受けたが、18歳になってもどこにも入れない。息子の将来を案じた母親が、「1981年12月6日生まれのマルシオ・エメルソン・パッソス」というニセの身分証明書を作って息子に渡した。年齢を3歳3カ月も偽ったのである。

 この新たな身分証明書は、効果を発揮した。名門サンパウロのスカウトの目に留まってU-20に入団。U-20ブラジル代表にも招集され、1998年に念願のプロ契約を結んでデビュー。翌年にはブラジル全国リーグで8試合に出場して2得点を記録し、「18歳の将来有望な若手」と評価された。

 しかし、ほどなくサンパウロの関係者はエメルソンが年齢を詐称していることを察知し、クラブがブラジルサッカー連盟から処罰を受ける前に外国のクラブへ売り払うことを決断した。